ごあいさつ

(株)ニチレクは、私自身が育った兵庫県の北部里山で営む民宿「お宿ひさ家」(昭和38年開業)に端を発します。 私は創業当初の『ひさ家』で、こんな経験をして育ってまいりました。「冬」はまきストーブで温まり、スキーの心地よい疲れを温泉で癒す。それは、地下500メートルから湧き出るラドン温泉(単純弱放射能低温泉)です。「夏」は天然網戸の自然の涼風が何よりの贈物でした。スポーツの後は、裏の渓流で水遊びに興じる。食事は放し飼いの地鶏で鍋を囲む。「秋」は有機大根を掘ったり柿を採りました。作ったぬか漬けや干し大根たちは、郷愁を呼び起こす夕食向けの準主役でした。デザートには吊るし柿をわらのかすと一緒によくほおばったものです。 そんな里山体験をもつ私は、本来の田舎の宿としてあるべき余暇作りに貢献したい。 そう決意して平成元年に“日本レクリェーションセンター”(現?潟jチレク)を設立いたしました。  ところで、「水」「時間」「安全」「情報」はタダとよく言われましたが、それはひと昔前の話です。今では一番貴重で高価なものかもしれません。そんな時代にあって、当社ニチレクでは、本来の田舎にある里山風土を再認識し、「安心」「安全」を最優先させた各種合宿商品作りに専心しております。スポーツトレーニングにおいてはよりよい自然と安全な環境をご用意します。また食事に関しては、健康管理を考えた地域の素材と食のサイエンスを基本にした運動種目別の栄養メニューや生活習慣改善のメニューなど、特化した各種合宿商品の開発を進めていきたいと考えております。スポーツで重要視される心技体の原点は、自然体がベースになるものだと考えています。 「自然のものをバランスよく食して体力をつける。自分の体に合った技術を自然体で身につける。自分を支えてくれる人や自然に感謝する心を持つ」ということではないでしょうか。私どもがお客様にご協力できることは多々ありますが、特に食においては、合宿期間中の限られた時間の中で結果が出るようにサポートさせていただくことはもちろんですが、そのメニューを持ち帰って合宿後も適切な食生活が継続できる環境をご提供することであります。そしてそれがスポーツと食を通じての健康寿命の向上に起用出来れば幸いであると考えております。  私どもニチレクは、ただ単に企業規模の拡大を追い求めるのではなく、古い物を大事に扱い、本来の田舎、山、海の持つ自然という財産を共有するマインドを社風としております。   また、このような考えにご賛同いただいた各スポーツ分野のアドバイザーの先生方をはじめ、当社契約農家、医療機関、予防医療に携わるお医者様、全国の旅館民宿組合、観光協会の皆様方に感謝を申し上げ、今後の各種合宿商品の基本となる質の高い健康スポーツ・食作りを目指してまいります。どうぞ今後とも当社の活動にご注目していただきたく、宜しくお引き立てのほどお願い申し上げます。